技師喚の部屋

つらい出来ことがあった。Books AI-A が暴走したのだ。

Semiconductorのナイニ無は、まだ見当がついてない、闘病のせいでもない。

彼は、Booksが枯れるのを、その趨勢敵にしかならない、台数でおせらいていたらしい。

わたしのせいでもない。

AI-B は不良の事故性にまだあえいでいる。

擬等角写像論のようにまとめてみたいが、、、。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中